Daily Archives: 2010/07/12

もろいの主張

参院選が終わって

参院選が終わった。

埼玉県では私も全力で応援した自民党の関口まさかず候補も無事当選、2位に公明党候補、3位に民主党新人が入り、民主党現職が落選という結果に。

民主党の2議席獲得を何としても阻止したかったので、結果には一応満足している。

 

昨年の衆院選で大勝したのをいいことに、この9ヶ月間、数の力に任せた強引な国会運営、政治とカネをとりまく問題に対し身内に甘い体質が露呈したこと、財源のないバラマキが実現できなくなったこと、普天間問題など何も考えなしにただ甘いことのみを言うその無責任な政治に国民もそろそろ気づき始めたというところか。

首相が消費税に言及したことが敗因と言われているが果たしてどうか。

消費税についての議論を深めることはむしろ賛成だが、支持率低下と見るや否定してみたり、年収要件によって還付の条件を出したりとその場の思いつきでものを言うから見透かされてしまうのだ。

むしろ外国人参政権や人権擁護法、夫婦別姓などマニフェストに載せずに隠し、選挙後に持ち出してくるような物の方が悪質かつ重大な問題だ。

私自身この問題を必ず取り上げ、選挙戦を戦ってきた。

 

勝ったとはいえ、自民党も安泰ではない。

比例票では相変わらず民主党が第一党である。これだけいい加減な政治をしているにもかかわらず、である。

東京選挙区を見ればあの、問題満載の蓮呆氏が170万票余りをとって楽々当選。自民党は一人当選がやっとだった。

タレント候補は軒並み落選したが、柔道候補は開票3分で当確。相変わらず有名人は強い。

 

いずれにしても小沢氏の悲願だった民主単独過半数はならず、国会はねじれ状態に。

自公時代のように衆院2/3で再可決ができないため、このままでは法案はほとんど成立せず政権は早晩行き詰まるだろう。

予算委をやらずに選挙した愚かな内閣に対し、堂々と国会で論戦を仕掛け、問題点をあぶりだせばいろいろな展開が見えてくるだろう。

過半数を取られれば日本の終わり、だっただけにとりあえずホッとしている。