子ども手当つなぎ法案

社民、共産の賛成を取り付けて可決のめどが立ったとの報道がある。

この期に及んで政府の援助を求めている被災者への支援より優先させ、高所得者を含む子供手当を継続する必要性はない。

これを引っ込めると非常時とはいえ衆院選との整合性、政権の正当性まで問われることを嫌った意地のようなものか?

 

その意地によって救える命も救えない、そういうことが被災地で確実に起きている。

国民はそのことをしっかりと見て欲しい、と思う。

 

こんな時に選挙なんかやるな、と有権者に言われる。

しかし、今政治がなければより多くの命が失われる。

政治の動きで左右される命がある。

その政治のもとは選挙なのだ。

 

政府が国民を守る為に全力を尽くしたか、キチンと働いたかチェックした上で、多くの国民に選挙に臨んで欲しいと切に思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>