泥出しボランティア

2日目はボランティアをした。

津波で浸水した民家の泥や瓦礫を書き出す作業だ。

膨大な量の泥、ヘドロが家の中に入り込み、異臭を放っていた。

4人で朝から夕方まで作業をしたが、全体の半分も終わらない。

一軒の家でさえ、こうなのだ。

まだ何千軒、何万軒のこっていることか、、、

ボランティアはいくらいても足りない、と現地の人が仰っていたのもうなづける。

機会があればまた参加したいと思う。

 

 

 

 

泥はこんなにたまっていました。

水と泥は2階にも達していました。

撤去した瓦礫の山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>