toggle
埼玉県議会議員 諸井真英 公式サイト
2007-10-21

日本シリーズの在り方

今年のプロ野球日本シリーズは中日VS日本ハムの対戦と決まりました。

今年からセ・リーグでも導入された『クライマックスシリーズ』によって、ポストシーズン2位だった中日が3位阪神、1位巨人を破っての出場となりました。パ・リーグは数年前からすでに導入されており、今年は首位日本ハムがそのまま勝ち上がりました。

試合数は増え、観客増につながるとのプロ野球連盟の狙いはよくわかりますが、、、

 

私は正直言ってこの制度には反対です。

従来通り、各リーグを制したチームが日本一を争うべきです。

もし、シーズン2位の中日が『日本一』となっても、ファンや選手には違和感が残ると思います。

ちなみに私は巨人ファンではありません。

 

今までもシーズンを制したソフトバンクが敗退するなど問題が多いと感じていましたが、これがもし各リーグ3位同士の戦いになったらますますそう感じる人が増えると思います。

これではシーズン優勝など意味を持たず、3位に滑り込んでとにかく後半に調子を上げたチームが有利となります。選手の立場からすると一生懸命頑張ってシーズン優勝したのに敗退、とは『優勝は一体何だったのか』という気分です。

米メジャーリーグはワイルドカードがあるではないかとのことですが、米MLBはチーム数が多いうえ、各地区のチーム数にバラつきがあり各チームの対戦数もバラつきがあるために導入された制度であり、各チーム対戦数が全く同じである日本プロ野球とは条件が違います。

選手、ファンを無視して興行重視に走る日本プロ野球はこのままではますますファン離れが進むと思います。

 

関連記事

コメント2件

  • 店主29屋 より:

    わたしも非巨人ファン(どちらかというとアンチ^^;)ですが、なんとなく釈然としません。

    どうしてもというのなら、日本シリーズ終了後にレギュラーシーズンとは別の短期決戦(カップ戦のような位置づけ)という手もあると思います。

  • moromoro より:

    選手の立場からすると、おそらく白けた気分になっていると思います。
    おっしゃる通り、カップ戦でもやればいいのでは?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です