つぶやき/所感 もろいの主張

解散へ

今日の党首討論のやり取りの中で、野田首相が明後日11月16日解散を明言した。

議員定数削減を来年の通常国会で実現することを野党が受け入れることが条件、とはよくわからない条件だが、、、

しかし解散表明後の円の下落を見る限り、一日も長く民主党政権が続くことはそのことそのものが国益を害するので、そういう意味ではよかった。

自民党もその条件を受け入れることを了承し、マスコミは既に公示日、投票日も報道している。

 

それにしてもこの3年3ヶ月、民主党政権は何を成し遂げたのか?

『子供手当を実現した』とか『高校無償化を実現した』などと自慢そうに言っているが、私からすればそれ自体が大きな愚策。

その結果何がどうよくなったのか?

誰もそのことに触れる者はいない。そのことを指摘するマスコミもない。

 

これからは与党民主党の瓦解が加速するのでは、と思う。

所詮綱領もなく、考え方もバラバラで『ただ国会議員になりたい』だけで集まった面々。

選挙に勝てないとなれば党を見限る者が多数出てくるだろう。

 

対する我が自民党は?

民主党がダメだから大丈夫、などと安心している場合ではない。

特に地方組織は3年前の選挙でなぜ負けたのか?そこに思いを巡らせていないところが多い、と感じる。

我が埼玉県も決して楽ではない。

今回はいろいろな思いがあり正直複雑な思いだが、与えられた使命を果たすだけ。

『国政を担うにふさわしい人物』を国政に送り、日本を建て直さなければならない。

間違ってもどこの出身だから、近いから、地元だからとか、そういうことで国政を判断してはならないと考えている。

 

今回の選挙の争点が見えない。

 

選挙に向かって日本全体が内向きになった時、尖閣はじめ外国の動きが活発になる。

そこを注視していきたい。

もろいの主張

安倍新総裁誕生

自民党総裁選の党員投票開票、国会議員による投票が行われ、石破茂候補、安倍晋三候補による決選投票の結果108対89で安倍晋三元首相が新しい自民党総裁に選出された。

個人的には安倍先生の国家観、主張というものに共感しており、この結果は素直に受け入れたい。

3年余の民主党政権でメチャクチャになったわが国日本を建て直すべく、リーダーシップを発揮していただきたいと切に願っている。

 

対する石破先生も過去には地元羽生市に来ていただいたこともあり、個人的に尊敬する議員の一人である。

今回惜しくも届かなかったが、今後党及び政府の要職でのご活躍が期待されており、その先に総裁があるのだと考える。

いずれにしても終わってしまえばそれで終わり。

今日からは党が結束して次の衆院選に臨む体勢を整えなければならない。

 

今回の総裁選についての感想。

最後に残った2人以外の候補は正直言って総裁になっては困ると思っていた。

そういう意味で安心してみていられた。

しかし1回目の議員票では石原候補が一位だったわけだが、これは長老に残る石破アレルギーから来るものだと思う。

人間なので過去にいろいろ私怨や好き嫌いはあろうが、国会議員たるもの私情よりも国益を優先させてもらわねば困る。

 

『党員票で過半数を超え圧倒的な支持を受けた石破候補が総裁にならないのは民意に反する』などと朝日や毎日など反安倍の左新聞や左翼コメンテーターが騒いでいるようだが、認識不足も甚だしい。

党員票がすべてだ、とするならそもそも議員投票などいらない。最初から党員投票だけにするよう党の規定を変えればいいのであって、終わってから文句を言っても仕方ない。

個人的には民主党の党員投票率30%とか、外国人が投票できる方が国家として、政権党としてよほど問題だと思う。

 

議員票が必要な理由として、議員は既に『民意』で選ばれている。しかも党員以外の民意も受けている。

加えて党総裁は党所属議員をまとめる、という重要な仕事がある。

党がまとまらなければ政策を作ったり実行することはできない。法案を作って成立させることなどできない。

従って、議員の信望がより厚い議員が総裁にふさわしいことは明白である。

等々申し上げた。

 

しかし早速安倍先生が総裁選前に食べた食事は『3,500円のカツカレー』だから庶民感覚がない、と批判したマスコミがあるそうだ。

あまりの低レベルさに呆れてしまう。

バー通い、酔っぱらい、漢字読み間違い、絆創膏などとるに足らないくだらんことでこれまでさんざん自民党政権を叩いてきた亡国マスコミの罪は本当に重い。

 

安倍先生が総裁になったことで再びこれらのマスコミが張り切って世論誘導をすることが懸念される。

新総裁にはこれらの勢力に負けず、信念を貫いて頑張っていただきたい。

微力だが全力で支えていきたい。

 

県議会活動 素晴らしい風景

マナウスの風景

市場にて。西瓜の山。

タンバキ。グリルにすると美味しい。

 

スルビンという大ナマズ。

 

何だか分からない。熱帯魚っぽい。

ご存知ピラニア。開高健のオーパ!の世界。

アマゾン川にて。ネグロ川(黒)とソリモンエス川(茶)の水の合流点では水が解け合わず、色が別れる状態が何キロも続く。

ちなみにマナウス付近では中流にも関わらず対岸まで20キロも離れたところもがあり、川というより海。もっとも河口のベレンでは対岸まで250キロ以上あるのでそれに比べれば近い。

 

しかし『川の国埼玉』とか川幅日本一も遠く及ばぬスケールの違いがそこにはあった。

活動報告 県議会活動

アマゾンの日本人

ブラジルに移民した日本人はサンパウロやパラナ州など南部だけではない。

マナウスやベレンなどアマゾン地域にも多くの日本人が移住し、命がけの大変な努力の末現地に根ざしている。

そのことを日本では教えもしないし、それを知る日本人は極めて少ない。

我々議員であってもほとんど知らない。日本人の歴史を日本人自身が知らない。何とも哀しく愚かなことだと思っている。

 

今回我々はマナウス近郊、車で1時間くらいの場所にあるエフィジェニオ・サーレスという日本人移住地を訪問することにした。

こんなアマゾンの奥地でも、頑張って生きている日本人がいるのだということを他議員に知ってほしかったからだ。

日本人移住地の会館(公民館)に到着。

2008年に移民50周年、ということで今年で54年が経過している。

多くは養鶏、果樹栽培など農業で暮らしているそうだ。

会館では日本人子弟向けに日本語教室も開かれていた。

近くにある宮本前日本人会会長が経営する養鶏場を見せていただいた。

鳥インフルエンザなどのおそれがあるため施設にはあまり近づけない。

広大な敷地に鶏舎が建ち並ぶ。

ご自宅の前で。

 

再び会館に戻って昼食をとりながら懇談。

入植時のいろいろなご苦労話や、現在の日本についての意見、主に政治に対するお叱りを頂戴する。

入植した方々は皆高齢となり、子の世代が現役となっているが皆さんお元気である。そしていい顔をしている。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ、懇談会は無事終了。

日本への熱い思いを伺うことができた。

 

最後に50周年の記念碑(揮毫は森元総理)の前で。

アマゾンでご苦労され、この地で没した日本人の先人に思いを馳せ、後ろ髪を引かれる思いで移住地を後にした。

活動報告 県議会活動

アマゾンへ〜モトホンダ訪問

ブラジリアから飛行機で2時間半、アマゾン川中流の街マナウスに到着。

サンパウロからは直行便でも4時間以上かかる。ブラジルの大地の広さを痛感する。

生憎の雨が降っていた。

 

我々はそのまま視察先であるモトホンダ工場へ。ここで昼食をいただく。

我々のためにカレーやみそ汁など日本食を用意していただいた。その他には巨大なアマゾン魚タンバキのグリル。いずれも美味でした。

しばし懇談して工場長からご説明を伺う。

マナウス工場ではオートバイを製造、1万人を超える雇用を生み出している。ホンダの工場としては世界最大規模。

部品まで自社で製造しているのは世界中でここマナウスだけである。

工場内を視察。工場は大きく広大である。

従業員はほとんど地元のブラジル人だが、勤勉でよく働く。真剣な表情の中にも笑顔があふれ、活気がある。

『ホンダで働く喜び』を体で、表情で表している。

日系企業からなるアマゾン商工会議所の皆さんと意見交換した後、記念撮影。

日本政府のサポートが足りない、という声を多く伺った。

県議会活動 素晴らしい風景

ブラジリアへ。

日本とブラジルの時差は12時間。時計を動かす必要はない。

しかし時差ぼけのためどうしても明け方に目が覚めてしまう。上の写真はサンパウロの明け方。

サンパウロ・コンゴーニャス空港から空路1時間半ほどで首都ブラジリアに到着。

Luiz Nishimori連邦下院議員が空港に迎えにきていた。

今回の視察はニシモリ議員のご案内をいただいて国会見学。お忙しい中時間を割いてくれた。

ブラジリアは1960年にリオから遷都されたブラジルの首都。もともとは何もないジャングルをルシオ・コスタ、オスカーニーマイヤーが計画、建築した人口都市であり、世界遺産に登録されている。

街は飛行機の形をしており、左右シンメトリーである。

ブラジル国会前、もちろん建築はオスカーニーマイヤー。

ブラジル下院の発言席。

ブラジル上院。全く雰囲気が違います。

黄色い建物は議員会館。日本のように国会と地下道で結ばれている。

 

この日は週末ということでほとんどの国会議員が地元に帰っているらしく、すいていた。

 

ブラジリアの問題は人口が200万を超え、当初想定していたよりも大幅に人口が増えてしまいインフラが追いつかないこと。

そしてモダニズム建築と街の作りは格好いいのだが、建物間が離れており、車がないと全く動けない街、4年前に伺ったクリチーバとは真逆の街。

 

4ヶ月間雨が降っていないとのことで大変乾燥しており、昼は30℃以上、夜は15℃まで下がり、時差ぼけと長旅でまだまだ参加議員は疲れている様子だった。

ブラジリアには1泊で翌日はまた飛行機でアマゾン川中流の街、マナウスへ。

ニシモリ議員、ありがとうございました。

 

活動報告 県議会活動

日伯友好議連ブラジル訪問

2008年の初訪問以来4年ぶりに議連にてブラジル訪問。

この視察を迎えるにあたって、旅行会社はじめ現地との調整は難航を極めた。

 

今回は成田〜北京〜イスタンブール〜サンパウロという36時間を超える長い道のりである。

2010年にJALがブラジル路線から撤退して以来、ブラジルまでの道のりがますます遠のいてしまった。

 

北京からはトルコ航空コンフォートクラスにてサンパウロへ。

席は広くて快適で食事もおいしくまあまあ快適に到着することができました。

 

上の写真はサンパウロ・グアルーリョス空港に出迎えにきていただいた埼玉県人会の尾崎、森田両副会長と空港での一枚。

長旅のあとで皆さんヘトヘトです。

 

この後はサンパウロ市内のレストランで夕食をとって、名物カイピリーニャ(ピンガとライムで割ったカクテル)であっさりと眠りました。

この後しばらく数日は時差ぼけに悩まされることになります。

 

ここサンパウロからブラジル訪問が始まります。

活動報告

名取市閖上へ

昨年11月以来、久しぶりに宮城県名取市閖上地区を訪問してきました。

そこで見たものは、、、正直昨年から代わり映えしない、枯れ草が青々としているくらいの違いはありましたが…

瓦礫はなくなりましたが、依然野原の状態、復興というにはほど遠い現状でした。

 

閖上湊神社の周りには夏の日差しを浴びてひまわりがいっぱい咲いていました。

活動報告

須影地区スイカ割り大会

地元の子供たちを対象に須影地区のスイカ割り大会が開催され、参加してきました。

今年は西瓜が豊作だそうで、自治会長さんより大きくて立派な地元産西瓜がたくさん提供されました。

私も参加し、見事真ん中を割ることができました。

西瓜もいただきましたが、ご覧のように食べきれませんでした。

つぶやき/所感 素晴らしい風景

猛暑の田園

今日も37℃です。

連日猛暑が続きます。しかも雨が全く降りません。

2年前の規格外米多発のイヤな記憶がよみがえります。

今年の稲は大丈夫でしょうか。