Monthly Archives: 9月 2008

もろいの主張

アメリカ金融危機

777ドルの下げとは驚きました。
金融安定化法案も可決を前提に日本の新聞は記事を書いていましたが、否決されてしまいました。

日本の株もまだまだ下がりそうですし、ドルもますます弱くなるのではと思っています。

今後はサブプライムのみならず、プライム部分についても不良債権化が見込まれますし、物価上昇で日本国内需要が停滞する中、外需でしのいでいた日本企業への影響はこれからなのではないかと危惧しております。

日本にとっての本当の試練はこれからですが、私の元上司である中川財務・金融大臣の奮闘にご期待申し上げております。

県議会活動

在ブラジル埼玉県人会50周年記念式典でのスピーチ


今回のブラジル訪問のメインは、在ブラジル埼玉県人会創立50周年記念式典に出席することでした。

当日は富士山や第1回移民船の笠戸丸が描かれた手描きの絵をバックにした舞台上で、西林サンパウロ総領事はじめブラジル側も多くの来賓を集めて盛大な式典が行われました。

たくさんの人の思いが詰まった、大変感動的な式典だったと思います。

私も友好議連事務局長として、また訪問団の中で唯一ブラジルでの在住経験があるものとして感謝とお祝いの挨拶をさせていただきました。

私がポルトガル語でスピーチした時は大きなどよめきとともに、歓喜の拍手をいただきました。
大変光栄であると同時に、先人の皆様のご労苦に思いを馳せると、胸いっぱいになりました。

その一部抜粋ではありますが、動画にて雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。

県議会活動

9月定例県議会開会

時差ボケもあまりぬけないままに9月定例県議会が開会しました。
久しぶりでしたがやはり議場に入ると身が引き締まる思いです。

衆議院の解散も近いようですが、まずは県民生活の安定対策としての補正予算成立をしていただきたいと思います。

本会議終了後は剣道部写真撮影、多摩少年院の院長講演、AED救護士講習と慌ただしい一日でした。
救護士については講習修了証をいただきました。

もろいの主張

麻生太郎新総裁

訪伯中に福田首相が突然の退陣、その後5人の候補者によって自民党総裁選が行われていましたが、大方の予想通り麻生太郎氏が圧勝し、新総裁に就任しました。

今後は24日の国会で首相に指名される予定となっており、麻生新内閣が発足することになりますが、衆議院の解散総選挙もいよいよ近づいてきたようです。

麻生代議士の政策には個人的にも共感するところが多く、安定した政権を築いていただきたいと思っています。

私も自民党がパーフェクトだとは思っておりませんが、負担を減らして給付を増やすなどと耳障りがよく、実行性のない政策ばかりを掲げる民主党が政権を担当する能力は今のところないと考えています。

何よりも麻生代議士の世界観、歴史観、そして経験、知識、語学力、、、日本のリーダーにふさわしい方だと確信しています。

パフォーマンスや選挙のテクニックで社会は良くなりません。

たまには民主党にやらせてみては、、、という方もある程度いると思いますが、安易な選択のツケは選んだ国民が払うことになるのです。

お知らせ

ブラジルより帰国しました。

在ブラジル埼玉県人会創立50周年記念式典に出席のため、ブラジルを訪問しておりましたが予定されていた日程を無事に終了し、帰国いたしました。

滞在中にblogを更新するつもりでしたが、多忙なスケジュールとネット接続環境の問題で写真アップが思うように行かず、結局到着後1回しか更新ができませんでした。

滞在中に福田首相の辞意表明、自民党総裁選、事故米問題、リーマンブラザーズの破綻など日本においても大変な出来事が起きました。

また羽生市においても病院問題や合併問題など市の将来を左右する問題に対して動きがあったようです。

不在時には欠席させていただいた会合もあり、ご迷惑をおかけいたしました。

しかし訪伯につきましては想像以上の大きな成果が得られたと思っております。

その詳細については追って紹介させていただきます。