Monthly Archives: 12月 2008

県議会活動

12月定例県議会終了

12月定例県議会が閉会しました。

18日間の会期日程が無事終了し、平成19年度決算の認定を2件、議員提出議案として「費用弁償額」の減額改正を可決、知事提出議案35件を可決・認定しました。
また、2月定例県議会では、予算特別委員として平成21年度予算に対する質疑を行うこととなりました。

10日の一般質問が終わり、ホッと一息というところですが2月定例会では予算委員会で県執行部とまたまたやりとりしなければなりません。

初めての予算委員会、しかもこの大不況で来年度の県の税収は大幅減少、大幅な緊縮予算の編成を余儀なくされることが予想され、厳しい委員会となりそうです。

いいやりとりができるように頑張りたいと思います。

活動報告

レイクタウン

常任委員会が行われ、総務県民生活委員会に出席しました。

 

知事、副知事等幹部職員の給与を減額する議案については経済的効果に乏しく、県民へのパフォーマンスとしか見られないため非常に疑問に思え、指摘をさせていただきました。

出会い系喫茶の規制についての議案は、これはこれでいいのですが、匿名性を確保させないためにやはり本人確認が必要だとの指摘をしましたが、それは警察マターであるとの答弁をもらって、うーん・・・

匿名性があったら絶対に犯罪抑止にはならないと思います。

 

いじめ・ネットいじめプロジェクトチームに参加したあと、所用のため越谷へ。

帰りに日本最大のSCである越谷イオンレイクタウンに立ち寄りました。

DSCF6513.JPG

さすがに大きい。イオンモール羽生よりもさらに大きい。

MORIとKAZEという二つの建物がありましたが、広すぎるのでKAZEだけ訪問しました。

 

帰りに都内では大行列でなかなか買えない『クリスピー・クリーム・ドーナツ』を購入して帰宅しました。

DSCF6520.JPG

私は行列に並ぶのは嫌いなのですが、こちらはあまり並ばずに購入することができました。

それにしても広いですね。

全部見るには一日がかりになりそうです。。。

 

 

 

 

活動報告

一般質問は無事終了しました。

12月10日(水)10:00~ 県議会にて一般質問をしました。

内容は以下のとおりであります。

1 知事の政治姿勢について (知事)
(1) 埼玉から日本を変えるアクションとは
(2) 国と地方の在り方について
2 彩のかがやきのブランド化と流通戦略について (岡島副知事、農林部長)
3 アグロフォレストリーを活用した土地利用について (知事)
4 バイオエタノールE3の本格導入について (知事)
5 県立高校の入試を巡る問題について (教育委員会委員長)
6 薬物犯罪対策について (警察本部長、保健医療部長)
7 「ゆる玉応援団」の活用について (知事、教育長)
8 羽生水郷公園の今後の整備計画について (都市整備部長)
9 地元問題について (県土整備部長)
(1) 国道122号昭和橋の架換えについて
(2) 県道羽生外野栗橋線バイパスの整備について
(3) 中手子林調節池の整備について

毎日深夜まで原稿の内容を考え、県執行部と折衝しながら完成した質問です。

本当はほかにもやりたい項目があったのですが、、、字数オーバーとなってしまうためまた次回ということにします。

特に知事からは20分という長時間にわたり、しかもアドリブでの心のこもったご答弁をいただき大変うれしく思っております。

一般質問は知事はじめ県執行部との真剣勝負です。馴れ合いではなく埼玉県を良くするために是々非々で臨むことを心がけております。

その中で知事の琴線に触れる質問ができたことは大変うれしく、満足感があります。

多くの先輩議員や同僚からも『いい質問だったよ』と声をかけていただきました。

また200名近い羽生市民が傍聴に来ていただき、大きな力をいただきました。

昨年の1回目の質問よりも成長した姿を見せられた?と思っております。

 

しかし連日の寝不足の上、緊張感で張り詰めていたせいか、終わったらホッとすると同時に疲れがどっと襲ってきました。

大きな達成感を味わいつつ、寝ることにします。