Category Archives: 活動報告

活動報告 県議会活動

アマゾンの日本人

ブラジルに移民した日本人はサンパウロやパラナ州など南部だけではない。

マナウスやベレンなどアマゾン地域にも多くの日本人が移住し、命がけの大変な努力の末現地に根ざしている。

そのことを日本では教えもしないし、それを知る日本人は極めて少ない。

我々議員であってもほとんど知らない。日本人の歴史を日本人自身が知らない。何とも哀しく愚かなことだと思っている。

 

今回我々はマナウス近郊、車で1時間くらいの場所にあるエフィジェニオ・サーレスという日本人移住地を訪問することにした。

こんなアマゾンの奥地でも、頑張って生きている日本人がいるのだということを他議員に知ってほしかったからだ。

日本人移住地の会館(公民館)に到着。

2008年に移民50周年、ということで今年で54年が経過している。

多くは養鶏、果樹栽培など農業で暮らしているそうだ。

会館では日本人子弟向けに日本語教室も開かれていた。

近くにある宮本前日本人会会長が経営する養鶏場を見せていただいた。

鳥インフルエンザなどのおそれがあるため施設にはあまり近づけない。

広大な敷地に鶏舎が建ち並ぶ。

ご自宅の前で。

 

再び会館に戻って昼食をとりながら懇談。

入植時のいろいろなご苦労話や、現在の日本についての意見、主に政治に対するお叱りを頂戴する。

入植した方々は皆高齢となり、子の世代が現役となっているが皆さんお元気である。そしていい顔をしている。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ、懇談会は無事終了。

日本への熱い思いを伺うことができた。

 

最後に50周年の記念碑(揮毫は森元総理)の前で。

アマゾンでご苦労され、この地で没した日本人の先人に思いを馳せ、後ろ髪を引かれる思いで移住地を後にした。

活動報告 県議会活動

アマゾンへ〜モトホンダ訪問

ブラジリアから飛行機で2時間半、アマゾン川中流の街マナウスに到着。

サンパウロからは直行便でも4時間以上かかる。ブラジルの大地の広さを痛感する。

生憎の雨が降っていた。

 

我々はそのまま視察先であるモトホンダ工場へ。ここで昼食をいただく。

我々のためにカレーやみそ汁など日本食を用意していただいた。その他には巨大なアマゾン魚タンバキのグリル。いずれも美味でした。

しばし懇談して工場長からご説明を伺う。

マナウス工場ではオートバイを製造、1万人を超える雇用を生み出している。ホンダの工場としては世界最大規模。

部品まで自社で製造しているのは世界中でここマナウスだけである。

工場内を視察。工場は大きく広大である。

従業員はほとんど地元のブラジル人だが、勤勉でよく働く。真剣な表情の中にも笑顔があふれ、活気がある。

『ホンダで働く喜び』を体で、表情で表している。

日系企業からなるアマゾン商工会議所の皆さんと意見交換した後、記念撮影。

日本政府のサポートが足りない、という声を多く伺った。

活動報告 県議会活動

日伯友好議連ブラジル訪問

2008年の初訪問以来4年ぶりに議連にてブラジル訪問。

この視察を迎えるにあたって、旅行会社はじめ現地との調整は難航を極めた。

 

今回は成田〜北京〜イスタンブール〜サンパウロという36時間を超える長い道のりである。

2010年にJALがブラジル路線から撤退して以来、ブラジルまでの道のりがますます遠のいてしまった。

 

北京からはトルコ航空コンフォートクラスにてサンパウロへ。

席は広くて快適で食事もおいしくまあまあ快適に到着することができました。

 

上の写真はサンパウロ・グアルーリョス空港に出迎えにきていただいた埼玉県人会の尾崎、森田両副会長と空港での一枚。

長旅のあとで皆さんヘトヘトです。

 

この後はサンパウロ市内のレストランで夕食をとって、名物カイピリーニャ(ピンガとライムで割ったカクテル)であっさりと眠りました。

この後しばらく数日は時差ぼけに悩まされることになります。

 

ここサンパウロからブラジル訪問が始まります。

活動報告

名取市閖上へ

昨年11月以来、久しぶりに宮城県名取市閖上地区を訪問してきました。

そこで見たものは、、、正直昨年から代わり映えしない、枯れ草が青々としているくらいの違いはありましたが…

瓦礫はなくなりましたが、依然野原の状態、復興というにはほど遠い現状でした。

 

閖上湊神社の周りには夏の日差しを浴びてひまわりがいっぱい咲いていました。

活動報告

須影地区スイカ割り大会

地元の子供たちを対象に須影地区のスイカ割り大会が開催され、参加してきました。

今年は西瓜が豊作だそうで、自治会長さんより大きくて立派な地元産西瓜がたくさん提供されました。

私も参加し、見事真ん中を割ることができました。

西瓜もいただきましたが、ご覧のように食べきれませんでした。

もろいの主張 活動報告

自民党県連大会

自由民主党埼玉県連大会が浦和で開催され、出席してきました。

新藤県連会長からは政府与党の国会対応と次期衆院選についての意気込みのお話がありました。

『15選挙区で全勝を目指す』とのお言葉、大変結構ですが現状ではおぼつかないのではないか、と考えます。

何より我が地元の埼玉12区では支部長が決まっておりません。

与党批判もいいですが、自分たちが決められない、先送りをしていることは情けない限り。

面倒なこと、いやなことから逃げていては道は開けない、私はそのように考えております。

活動報告

羽生てんのうさま夏祭り

羽生市内最大のイベント、てんのうさま夏祭りが盛大に開催されました。

心配された天気は快晴、猛暑の一日となりました。

昼間は裃を着て本町通を練り歩き、夜は各町内の御輿を見て楽しみました。

子どもの時から慣れ親しんだ羽生のお祭り、いつまでも次の世代に引き継いでいただきたいものです。

最近は御輿の担ぎ手がいなくて、ほとんどの町内では外部からの助っ人で成り立っているとか。

地域の伝統や文化を次世代に引き継ぐことが今を生きる我々の責務であると思います。

活動報告

手子林日の丸音頭

 

 

手子林小学校で行われた手子林日の丸音頭発表会に来賓として出席しました。

手子林地区は地域のつながりが強く、祭りや運動会など行事も活発な地域です。

また、中手子林地区では祝祭日に日の丸を掲げる運動を行っており、全世帯の70%以上が日の丸を揚げるという素晴らしい地域です。

妙齢の美女の皆さんの美しい歌声と、美しい踊りが小学校体育館で披露されました。

やっぱり日本人。いつまでも次の世代に引き継いでいってほしいものです。

活動報告

全日本泥んこバレーボールin羽生が開催されました。

 

 

羽生市上新郷地内の田圃において『第3回全日本泥んこバレーボール大会in羽生』が開催され、来賓として出席しました。

関東一帯から多くの参加者があり、年々賑わっているようです。

何より便利な都会生活の中では土と触れ合う機会がなく、特に子供たちにとっては貴重な体験だと思います。

この大会の実行委員長の馬場さんはなんと同級生!

地元消防団はじめ多くの仲間の助けがあって成り立っている大会です。

これからも頑張って盛り上げていきたいと思います。

 

活動報告

宮古島バイオエタノールプロジェクト

 

 

沖縄県宮古島で取り組んでいるバイオエタノールプロジェクトについて視察してきました。

バイオエタノールとはさとうきびから抽出したエタノールを燃料として使うことなのですが、日本では法律でこのバイオエタノールの混合比率について厳しく規制されています。

特区ということでここ宮古島ではE3,E10ガソリンの販売も行われております。

 

といっても電気自動車をレンタルしたのでバイオガソリンを使うことはできませんでした。