解散へ

今日の党首討論のやり取りの中で、野田首相が明後日11月16日解散を明言した。

議員定数削減を来年の通常国会で実現することを野党が受け入れることが条件、とはよくわからない条件だが、、、

しかし解散表明後の円の下落を見る限り、一日も長く民主党政権が続くことはそのことそのものが国益を害するので、そういう意味ではよかった。

自民党もその条件を受け入れることを了承し、マスコミは既に公示日、投票日も報道している。

 

それにしてもこの3年3ヶ月、民主党政権は何を成し遂げたのか?

『子供手当を実現した』とか『高校無償化を実現した』などと自慢そうに言っているが、私からすればそれ自体が大きな愚策。

その結果何がどうよくなったのか?

誰もそのことに触れる者はいない。そのことを指摘するマスコミもない。

 

これからは与党民主党の瓦解が加速するのでは、と思う。

所詮綱領もなく、考え方もバラバラで『ただ国会議員になりたい』だけで集まった面々。

選挙に勝てないとなれば党を見限る者が多数出てくるだろう。

 

対する我が自民党は?

民主党がダメだから大丈夫、などと安心している場合ではない。

特に地方組織は3年前の選挙でなぜ負けたのか?そこに思いを巡らせていないところが多い、と感じる。

我が埼玉県も決して楽ではない。

今回はいろいろな思いがあり正直複雑な思いだが、与えられた使命を果たすだけ。

『国政を担うにふさわしい人物』を国政に送り、日本を建て直さなければならない。

間違ってもどこの出身だから、近いから、地元だからとか、そういうことで国政を判断してはならないと考えている。

 

今回の選挙の争点が見えない。

 

選挙に向かって日本全体が内向きになった時、尖閣はじめ外国の動きが活発になる。

そこを注視していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>