Monthly Archives: 6月 2009

活動報告

おめでとう

バドミントン大会とピアノ発表会に出席、ご挨拶を済ませたあと、ホテルニューオータニへ。

東京在住時からの友人である竹澤君の結婚式に出席してきました。

P1040474.JPG

場所が場所だけに非常にトラディショナルなオーソドックスな結婚式でした。

気配りが素晴らしく、まじめでマメな新郎、時々抜けることもあるが憎めないキャラクターであります。新婦は美しく芯の強そうな方、との印象を持ちました。彼にはぴったりのパートナーではないかと思います。

本人たちはもとよりご家族や周りの友人たちの嬉しそうな笑顔が心に残りました。

 

それにしてもやはり映像の力は大きいですね。プロフィールDVDも最高でした。

 

P1040500.JPG

 

2次会では沖縄からエイサー軍団が登場、場を盛り上げました。

210.JPG

あまり偉そうなアドバイスはできませんが、、、

 

おめでとう。

お互いを思いやる心を忘れずに。

末永くお幸せに。

今日の食事

キッチン南海のカツカレー

大学時代によく通ったカツカレーの名店、神保町にある『キッチン南海』に何年かぶりに訪問しました。

14:00過ぎにもかかわらず、数人の行列があったがあまり待つこともなく満員の店内へ。

お昼時は大行列ができる有名な人気店なのです。

 

近くに車を停めて店内に入ると同行者が既に大盛りを注文しているとのこと。

えーっ?!ここの大盛りは結構な量なんですけど。。。

 

出てきたのはこれです。テーブルからはみ出ています。

200.JPG

ご飯だけでも500gくらいありそうでしたが味はおいしいため何とか完食しました。

とはいえこの日は夕食抜きに。。。

 

空腹状態1名、二日酔い1名の同行者も何とか完食したようです。

後で話を聞くと彼らも夕食抜きだったとか。

202.JPG

これで800円とは素晴らしいCPであります。恐るべしキッチン南海。

 

しかし最近増量気味なのでしばらくは訪問しないと思います。

でもおいしかったです。

今日の食事 活動報告

手子林小学校訪問

市内の手子林小学校を訪問してきました。

実はこちらの青鹿校長先生は、私が羽生北小の小学生時代に教わった先生なのです。

 

まずは一緒に給食をいただきました。中学生以来25年ぶり?でしょうか?

P1040346.JPG

この日のメニューは水餃子?入りのスープとチーズ入りのちくわ、フルーツのシロップ漬け、パンとミルクでした。

羽生市の給食は今年から外部委託だそうですが、味は正直、、、まずい。。。

そうそう、先割れスプーン、久しぶりに見て、使いました。

P1040348.JPG

 

体育の授業、子供たちの体力低下が心配です。

P1040350.JPG

授業風景

P1040351.JPG

校長先生と昔話に花が咲き、楽しい時間を過ごしました。

と同時に教育現場の苦悩や大変さの生の声を伺い、大変有意義でした。

 

埼玉県も大阪の橋下知事が進めている改革と同様の教育改革を断行すべきだとの思いを新たにしました。その前に埼玉新聞や朝日新聞などの偏向マスコミをどうにかしないと。。。

活動報告

キヤッセ羽生わくわく祭り

30度を超える夏のような暑さとなったこの日、三田ヶ谷のキヤッセ羽生、県立羽生水郷公園でわくわく祭りが開催されていると聞き、行ってきました。

お昼前にもかかわらず、すごい人出で駐車場はいっぱいに。

164.JPG

水郷公園ではフリーマーケット、公園内の水族館では南米大陸の魚展をやっていました。

165.JPG

167.JPG

こんな派手な車があるとは知りませんでした。

 

168.JPG

これはちょっと、、、何の工夫もない。もうちょっと特徴がほしいと思うのは私だけでしょうか。

 

キヤッセ羽生では千代田うどん会による手打ちうどんがふるまわれていました。

152.JPG  153.JPG

私も一杯いただきました。うちたてはコシがあっておいしかったです。

157.JPG

それにしてもすごい人でした。熱気球も混んでいました。

160.JPG

174.JPG

171.JPG

水郷公園を歩くと緑と水が多く、心が安らぎます。

まだ未整備地が多く残っていますが、県には早急の整備、全面開園をお願いしています。

個人的には札幌市にあるモエレ沼公園のような公園にしたいと思っています。

もろいの主張

南アフリカW杯出場決定

アウェーでのウズベキスタン戦、予想通りタフな戦いとなったが何とかしのぎ切った。

一昔前はこういう試合で必ず追いつかれる、あるいは逆転されてしまうことも多々あった日本代表だが、やはりたくましくなっているようだ。

 

それにしても日本のマスコミ、『W杯でベスト4』とは少しはしゃぎすぎではないだろうか。

そもそもキリンカップなどと真剣勝負の試合を混同して考えていること自体がどうなのか、マスコミのレベルを疑ってしまう。

 

イングランド、スペイン、イタリア、フランス、オランダ、ドイツ、ブラジル、アルゼンチンなどの国を破って日本がベスト4入りするとはひいき目で見ても残念ながら思えない。

 

マスコミ、ファンなど代表選手を取り巻く環境、サッカーを見る目が成熟しなければこれらの国を真剣勝負で破ることはできない、と私は思っている。

 

まずは日本開催以外での本大会初勝利を目指すことが当面の目標ではないだろうか。

活動報告

産業労働委員会視察2

2日目は山形から仙台に移動。

仙台港の開発、企業誘致について視察しました。

093.JPG

宮城県においては知事の肝いりで『みやぎ発展税』という外形標準課税制度を設け、そこから基金を作って企業誘致の補助金に充てているそうで、村井知事に代わってから特に自動車関連、IT関連企業において大型案件がいくつも決まっており、成果が出ているとのこと。

しかし昨年からの世界的経済不況によって特に自動車関連企業は大打撃を受けており、工場移転も凍結されているとのことです。

埼玉県は外形標準課税には消極的ですが、こういうやり方もあるのかと参考になりました。

特に県内でも地価が安く、高速道路も近く車でのアクセスは便利な羽生市において雇用を創出することはいろいろな意味で重要であることを再確認しました。

視察後は敷地内にオープンしているアウトレットパークを視察しました。

三井系列ということで本県の入間にあるアウトレットと似ていました。

098.JPG

 

午後からは東北大学工学部大学院 堀切川教授の研究室を訪問、産学官連携について堀切川先生のお話を伺いました。

132.JPG

地元中小企業に『御用聞き』をすることにより、企業の手助けをしながら新製品開発に協力する先生の試みは『仙台堀切川モデル』と名付けられ、全国から講演依頼がひっきりなしだそうだ。

ご専門は摩擦学だそうで滑らないサンダルや舗道、逆に冬季オリンピック競技のボブスレーのソリ部分の金属加工など先生が開発した商品は数多く、いずれもヒットしている。

話も決してお堅い話ではなく、平易で分かりやすく、そしてユーモアにあふれたお話で、1時間がとても短く感じた。また工学的見地からの恋愛論など短い時間にいろいろなお話を伺うことができ、大変参考になりました。

キーワードは『御用聞き』『ミニマム目標』『補助金に頼らない』

活動報告

産業労働委員会視察1

県議会産業労働委員会として山形県、宮城県に視察のため訪れました。

 

1日目は大河ドラマ『天地人』の舞台となっている山形県米沢市を訪問。

083.JPG

まさに『天地人』博を開催していました。

 

いろいろとお話を伺いましたが、やはり大河ドラマの影響力はすごいらしく、観光客の数も大幅に増加しているとのこと。

ただ米沢市内に宿泊施設が不足しているせいか、街中に人出が多いとは思えませんでした。

 

しかし正直天地人も見たことがなく、上杉謙信、上杉鷹山は知っていましたが直江兼続については恥ずかしながら全くの無知でした。それにしても兜に『愛』の字を入れるとは、、、

すごい人がいたんですね。