Monthly Archives: 9月 2009

活動報告

地区運動会

222.JPG

地元須影地区をはじめとして市内5地区で運動会が開催され、すべてに足を運びました。

小さな地区ごとに点数を競い合うスタイルが多いのですが、すべての地区に顔を出してご挨拶したため須影に戻ってくるのがかなり遅くなってしまいました。

 

戻って間もなく地元加羽ヶ崎地区の綱引き選手として出場、見事に優勝を果たしました!

ちなみにこの綱引きは素人大会のため体重制限などはなく、、、0.1t近い重量の私が加入することには多少他地域からブーイングがあったようです。

加羽ヶ崎地区は昨年に続き2位。

来年こそは優勝目指して頑張りましょう。

 

夜は5地区の打ち上げ、懇親会に出席させていただきました。

川俣、井泉地区ではサプライズ出席でしたが大歓待していただきありがとうございました。

 

活動報告

日本・ハンガリー藍染の魅力展

212.JPG

小川町の埼玉伝統工芸会館で行われた『日本・ハンガリー藍染の魅力』展の開会式に来賓として出席してきました。

ハンガリーでも藍染があることは恥ずかしながら初めて知りました。

213.JPG

駐日ハンガリー大使のあいさつ。

ちなみにハンガリー語は全く理解できませんでした。

216.JPG

式典後は展示物を説明を聞きながら見ました。

当然地元羽生産の藍染加工品がたくさん展示されています。

217.JPG

羽生市小松在住の中島安夫氏は県の無形文化財に指定されている藍染の巨匠です。

米カリフォルニア工科大の客員教授もこなす、羽生の誇るべき文化伝承者です。

羽生発の美しい藍染を世界に広めていければ素晴らしいと思います。

活動報告

須影地区敬老会

211.JPG

敬老会に初めて出席しました。

よく知っているお顔がたくさん。

 

同級生のご両親にもお会いしました。

金婚のお祝いだそうです。

 

日本の発展に尽くされた人生の大先輩達に改めて敬意を表するとともに、安心の医療・年金制度の構築が急務であることを痛感しております。

今日の食事

とんかつ『かつはん』

国道122号沿い、イオンモールに程近いとんかつ屋さん『かつはん』に久しぶりに足を運びました。

ランチタイムに入店したせいか、店内は大混雑でほとんど満席状態。

209.JPG

ホントに忙しそうでした。。。

210.JPG

この日はロースカツ定食(680円)を注文。

このボリュームでこの値段はなかなかないのではないか、と思う。

もちろんとんかつも肉が柔らかくて、ジューシーで、おいしかったです。

 

活動報告

小学校運動会

202.JPG

羽生市内の小学校運動会に出席。

天気に恵まれて子供たちもうれしそう。

 

見ていて気になったこと。

・メタボ気味の子供が多い。おじさんのように体が重そう。食生活は大丈夫か?

・全体的に足が速い子が少ない。外であまり遊ばないせいか?

・腕の力がないから腕立て伏せや倒立ができない。便利になりすぎて重い物を持ったりしないからか?

 

205.JPG

最近あまり見られなくなった組体操。

理由は上記のように子供たちの体力(筋力)不足もあるようですが、一番大きいのは

『ウチの子が何で下なんだ!』というクレームをつける親が多いとのこと。

他にも自分の子が一位になれないため徒競走の走る順番を変えろとかいろいろな要求があるそうです。

大人のモラルの低下が心配です。

 

今日の食事

戦闘食

選挙期間中は時間的に不規則ということもあり、また料理をする時間もないため外食やコンビニ、弁当などを食する頻度が増える。

私の事務所でも毎日いろいろなところからスタッフ向けに食事を手配していた。

 

一番多かったのは羽生市内の小川ゆでめん店

139.JPG

野菜天付き冷ひもかわうどん(410円)は暑い夏にはピッタリの戦闘食。

麺の量も多く、手早くカーボローディングできる。

この夏何回いただいただろうか、、、大変お世話になりました。

今日の食事 活動報告

2009BRASIL FESTIVAL

早朝からサッカーを2時間ほどプレイして汗を流した後、卓球大会に出席。

午後からは代々木公園で開催されているブラジルフェスティバルに参加した。

128.JPG

このフェスタは在日ブラジル人やお祭り好きな人たちが集まってブラジル音楽を演奏したり、ブラジル料理を販売したりして楽しむ『ブラジル・デー』というような祭りで数年前から始まった。

昨年はブラジル視察で在伯中だったため参加は久し振りだが、その規模と熱気は過去のものとは比べられないくらい拡大しており、驚いた。

おなかがすいていたのでブラジル料理をいろいろと食べた。

135.JPG

肉の串焼きやソーセージ(リングイッサ)はシンプルな味付けだがおいしい。

久しぶりにアルコールも少々いただいた。

 

おいしい料理、お酒が入れば音楽、ダンスが始まるのはラテン民族の常である。

ステージで大音響のコンサート、またパブリック・スペースではサンバのバトゥカーダ、カポエイラ、パゴーヂなどが自然発生的に演奏されており、日差しの強さも重なって本場ブラジルの夏を思わせる雰囲気だった。

131.JPG

134.JPG

友人たちと久しぶりに語り合い、久しぶりに息抜きをしてゆっくりと過ごすことができた。

もろいの主張

新政権への期待と不安

衆院選が終わり、一段落。

マスコミは新政権の枠組みや人事にすでに興味が移っている。

今更『政権公約を実現できるかどうかは不安』などと言われても、、、時期が違うだろう。

 

私のところにもいろいろな方からご意見、要望、感想をいただいたのでご紹介したい。

・『民主党がすばらしい』わけではないが、自民党に入れたくないので消去法で民主党に入れた。

・民主党の公約は評価しないが、現状が悪いのでとにかく変わったほうがいいと思い民主党を選んだ。

・一回民主党にやらせてみてダメならまた自民党に戻せばいい。

・とにかく日本の現状が悪いのは自民党のせい。

・自民党に飽き、絶望している。民主党には不安があるが、どう変えてくれるか期待もある。

 

などである。ほかにも様々なご意見をいただいた。

 

総括すると民主党が素晴らしいとか評価をしている人は少ないが、『今の自民党にNO』という人は圧倒的に多いということがわかった。

自民党は今回の結果を謙虚に受け止め、国民の声をもう一度よく聞き、原点に返って新しいリーダーの下、一から党の再建に取り組まなければならない。

風に頼ることなく、敵失に期待することなく、地道に活動をして人材の育成につとめ、国民の信頼を取り戻すことが政権奪還には不可欠だと思う。

楽をして政権奪還することなど考えていては、それこそ党そのものが消えてしまうかもしれない。

 

一方の民主党も政策や人材が評価されていない現状では政権の運営の仕方次第ではすぐに信頼を失ってしまうことも考えられる。

民主党であれ自民党であれ『日本を正しい方向に導く』ことが最重要と考えているが、今の日本の現状では『国民に負担をお願いする』ことを避けて通ることはできないはず。

負担をお願いするには国民の信頼が必要であることは言うまでもない。

 

負担について言及せず、バラマキだけを続けたらこの国はもたない。

まずは新政権のかじ取りに注目していきたい。

今日の食事 活動報告

仙台視察

埼玉県議会自民党育政会(1期生の会)による視察で宮城県を訪れました。

101.JPG

県議会開会中にも関わらず、宮城県庁の皆様には丁寧に対応していただきました。

102.JPG

アグリビジネス(農業ビジネス)に対する宮城県の取り組みは大変参考になりました。

 

今日の食事

本竈

仙台市内のラーメン店『本竈』へ訪問しました。

前々から友人に紹介されて気になっていた店だが今回初訪問することができた。

113.JPG

市内から車で20分くらいと少々遠かったが、味は素晴らしかった。

110.JPG

スープは鰹節などいわゆる節系スープでおいしい。

煮卵やチャーシューの味も素晴らしかった。

 

昔高田馬場で食べた『渡なべ』のラーメンのスープに似ていた。

仙台訪問時はぜひ再訪したい。