Category Archives: つぶやき/所感

つぶやき/所感 もろいの主張

解散へ

今日の党首討論のやり取りの中で、野田首相が明後日11月16日解散を明言した。

議員定数削減を来年の通常国会で実現することを野党が受け入れることが条件、とはよくわからない条件だが、、、

しかし解散表明後の円の下落を見る限り、一日も長く民主党政権が続くことはそのことそのものが国益を害するので、そういう意味ではよかった。

自民党もその条件を受け入れることを了承し、マスコミは既に公示日、投票日も報道している。

 

それにしてもこの3年3ヶ月、民主党政権は何を成し遂げたのか?

『子供手当を実現した』とか『高校無償化を実現した』などと自慢そうに言っているが、私からすればそれ自体が大きな愚策。

その結果何がどうよくなったのか?

誰もそのことに触れる者はいない。そのことを指摘するマスコミもない。

 

これからは与党民主党の瓦解が加速するのでは、と思う。

所詮綱領もなく、考え方もバラバラで『ただ国会議員になりたい』だけで集まった面々。

選挙に勝てないとなれば党を見限る者が多数出てくるだろう。

 

対する我が自民党は?

民主党がダメだから大丈夫、などと安心している場合ではない。

特に地方組織は3年前の選挙でなぜ負けたのか?そこに思いを巡らせていないところが多い、と感じる。

我が埼玉県も決して楽ではない。

今回はいろいろな思いがあり正直複雑な思いだが、与えられた使命を果たすだけ。

『国政を担うにふさわしい人物』を国政に送り、日本を建て直さなければならない。

間違ってもどこの出身だから、近いから、地元だからとか、そういうことで国政を判断してはならないと考えている。

 

今回の選挙の争点が見えない。

 

選挙に向かって日本全体が内向きになった時、尖閣はじめ外国の動きが活発になる。

そこを注視していきたい。

つぶやき/所感 素晴らしい風景

猛暑の田園

今日も37℃です。

連日猛暑が続きます。しかも雨が全く降りません。

2年前の規格外米多発のイヤな記憶がよみがえります。

今年の稲は大丈夫でしょうか。

つぶやき/所感

デフレの行き着く先は

 

 

都内某所で見かけたお弁当屋さん。

24時間営業でお弁当全品250円とは安過ぎる。

土地の値段だって羽生とは全然違うはず。

 

店内に入ると夜遅い時間にも関わらず客がいっぱい。

お弁当のボリュームもまあまあ多い。男でも一個でお腹いっぱいだろう。

安くてボリュームがあって、、、うまいかどうかは???だけど、安いからそれでいいのだろう。

 

それにしても250円で売っていくら儲けがあるのか考えてしまう。

24時間やって、光熱費もかかり、原発はダメだと言いながら電気を使って、人件費も安く抑えて、夜通し起きて健康にもよくないのだが、、、、

それでも安いことはいい、というのか。

 

24時間のコンビニ経営者が人件費を抑えるため家族で店をまわして疲弊してしまうケースをよく聞く。

安くて嬉しい、けれどもその裏で疲弊している人はいないか、健康を損ねる人はいないのか。

 

この激安弁当が日本を幸せにしているとは到底思えない。

つぶやき/所感 もろいの主張

社会保障と税の一体改革の採決は

政府民主党は法案反対派がたくさんいながらも、強引に前に進むようです。

fnn?a=20120620-00000849-fnn-pol

国会を9/8まで延長?というのは長過ぎて理解に苦しみますが…

 

野田総理が政治生命をかけた法案が通ってしまったその後は、一体何をするのでしょうか?

もう野田内閣に存在価値はないでしょう。

 

内閣は何のためにあるのか?

それは法案を成立させるためにあるのです。

そういう意味ではもういつ解散があってもおかしくない、と思います。

 

それにしても、、、この法案を巡る政府与党の迷走ぶりはひどいですね。

 

民主党の最大の問題は綱領がないこと。

つまり、『何をしたいのか、日本をどう導きたいのか』わからない政党だということです。

綱領がない政党が政権を握っている国は世界中探してもなかなかあるものではありません。

 

国の根幹である憲法、国防、安全保障に関して考え方が一致しないからゆえの迷走。

今の現状は当然の帰結であると思います。

 

 

つぶやき/所感 活動報告

所沢に藤本新市長誕生

所沢市長選の投開票が23日に行われ、友人であり県議会の先輩である藤本正人さんが現職と元衆院議員を破って初当選された。

告示前より何度も所沢を訪れ、応援してきただけに私にとっても大変うれしいことである。

 

藤本さんとは22年度県議会文教委員会で藤本さんが委員長、私が副委員長をつとめさせていただいた。

大阪府の西成高校や立命館、また委員全員出席による県内視察、夜の定時制高校視察など大変有意義な委員会活動だった。

それによって小学校低学年や授業が成り立たない学校に対する人員配置の予算を県は増やしてくれた。

これも藤本委員長の大きな功績であると思っている。

 

元中学教師であり、教育に関しての情熱は誰よりもアツい。それ以外の議会活動についても信念を持ち、現場の声を良く聞いて行政を動かしてこられた。すべての政策について同意見、というわけではもちろんないのだが私にとって大変勉強になり、参考となる人だった。

今年の4月には石巻をはじめとした被災地、双葉町が避難している旧騎西高校などを一緒に視察した。

また、議会の度に浦和でお酒を飲んでいろいろ議論したことも懐かしい。

 

私としては県議会でいろいろな政策議論や情報交換ができる人だっただけにちょっと寂しい思いもあるが、これからは34万所沢市の代表として精一杯汗をかいていただけるものと思う。大変遠いところからではあるがエールを送りたい。

いつまでも藤本さんらしく、頑張ってください。

つぶやき/所感 活動報告

王様ペレとの邂逅

恐らく今までお会いした著名人の中で、世界で最も有名な人ということになるだろう。

サッカーの『王様』(神様ではない)ペレが被災地である宮城県名取市を急遽訪問するという知らせが情報筋から入り、私も名取に向かった。

名取市は仙台空港周辺の街。仙台空港に押し寄せた津波の映像は未だ脳裏に焼き付いている。沿岸部は壊滅状態となり死者、行方不明者は900名を超える。

 

会場となったのは名取市の不二ヶ丘小学校。津波で流された閖上小学校の子供たちも同校で学んでおり、激励に来るのだそうだ。

 

3度のワールドカップに優勝し、1977年に引退したペレのリアルタイムのプレーは私もよく知らない。が、現存する映像や数々の伝説ともいえる逸話を聞けば彼の偉大さはイヤでもわかるというもの。

その伝説の人が宮城にやってきた。

警備体制やマスコミの場所の確保がされていなかったので正直大丈夫かな、と思っていたが案の定大混乱に。

もっと落ち着いたらゆっくり話などできるかな、などと考えていたらあまりの混乱ぶりに安全が確保できないとの判断が出たのか、予定を切り上げてペレは会場を後にした。残念だがやむを得ない措置だったと言える。

短い時間ではあったがサッカーに明け暮れた少年時代からの憧れの人に近づけた、ということでいつになく興奮してしまった。

70歳には見えない。

日本での取り上げ方は今ひとつかな。年末は古巣サントスFCの応援のため再び日本を訪れるようだ。

私にとって歴史に残る一日でした。

つぶやき/所感 活動報告

安倍元総理講演会

日本会議経済人同志会関東第1ブロック設立総会出席のため、加須市のパストラルかぞに行って参りました。

 

総会に引き続き安倍晋三・元総理より1時間強のご講演がありました。

野田新首相は個人的には民主党内で一番まともだが、党執行部や内閣の顔ぶれを見るとどうしようもないひどい布陣だ、と辛辣でした。

私としても全く同意するところであります。

財務大臣や外務大臣などの重要閣僚を素人初入閣大臣にして、拉致担当はいままで全く関わっていない人、防衛大臣は自ら素人と言って開き直っている人、どれをとっても日本を壊そうと考えているとしか思えない顔ぶれ。という意味では管内閣と何ら変わりがないものと考えます。

新聞各紙の調査によれば支持率は65%程度に上昇したとのことですが、何もしていない内閣に対して支持率が上がるなどということには理解ができません。

『適材適所』とか『実務型』と評するマスコミにはその根拠を聞いてみたいと強く感じています。

つぶやき/所感 もろいの主張

野田総理誕生

民主党代表選では大方の予想に反して野田佳彦氏が次期代表に決まった。

今後国会での指名を受け、新首相が誕生する。

 

民主党代表選を見ていて思ったこと。

まず、政策の話はほとんど皆無だった。2009年衆院選マニフェストを撤回するか、守るかということはあったが。

あとは誰が誰のグループだとか小沢さんがどうだとか内向きの数合わせに終始、マスコミもこれに乗っかって連日国民不在の茶番が繰り広げられた。

民主党代表はイコール首相になることを意味する。そういう意味で芸能人の人気投票、あるいは小学校の学級委員を決めるがごとくの仲良しグループ囲い込みに貶めて何ら恥じないマスコミに対し強い怒りを覚える。

日本の代表とはかくも軽いものであることを全世界に発表しているようなものだ。

 

野田氏については民主党内では比較的まともな人だとの印象を持っている。

どのような内閣を作り、どのようにこのの苦難に立ち向かうのか、日本のリーダーとして頑張っていただきたい。

 

しかし、総裁選を見ている限り、他国の元首と比べて軽い。見劣りする。

時代劇に出てくる越後屋(悪商人)のような顔つきに見えてしまうのは私だけだろうか。

 

つぶやき/所感 活動報告

66回目の終戦記念日

政治に関わるようになってから、8月15日は毎年靖国神社に行くことにしています。

それは、今我々日本人が豊かさを享受し、平和に不自由なく生きていられるのも全て過去の先人のおかげだからです。

わが国の歴史を顧みて、国のため、故郷のため、家族の為に散っていった先人に思いを馳せる、日本人として当然のことです。

しかしこの当然のことができない、あるいは非難する人たちがいます。

まして首相や政府の人間ができないなどということは許されることではありません。都知事のご指摘は全くその通りだと思います。

先人たちは今の日本を見てどう思われるでしょうか。

物質的には豊かになったが、人間としては決して豊かにはなっていない。

そのような思いを年々強くしております。

 

例年の通り、早朝、しずかに参拝しました。

つぶやき/所感

なでしこ優勝

サッカー女子日本代表が延長、PK戦の末アメリカを破り見事優勝した。

最後まで諦めず、常に選考されながらも2度同点に追いついた精神力は見事というほかない。

3/11以降暗いニュースが多かった日本を大いに勇気づけたことは本当に素晴らしい。

 

加えて私はサッカーについては専門なので、思ったこと。

・PK戦についてはあくまで『次のステージに進出するチームを決める手段』であり、決勝戦で用いることには異論がある。再延長したら選手の体力が…というなら、決勝の再延長以降新たに交代枠3人増やすとかすればいいと考える。PKは試合の内容とは無縁の世界である。これはもちろん男子も同様で1994年のアメリカW杯で優勝したブラジルにもあてはまるのだが。

・実力的には正直言ってアメリカや準々決勝で終了間際にアメリカに追いつかれてPK負けしたブラジルの方がまだまだ上だ。『世界一』などとマスコミが一時的に大騒ぎすることになるが自分を失わずに更に頑張って欲しい。幸いMVPの澤のコメントは素晴らしく、そういうことはないように感じる。

・一番の問題は関心もなかったのに急に青いシャツを着てはしゃぐマスコミなどである。日本が本当にサッカー強国になるのだとすれば、ファンやマスコミも冷静になって受け止める必要がある。すぐに国内女子リーグが始まるが、恐らくどのテレビも報道などしないはず。2ヶ月もすればほとんど誰も話題にしない。そういう国はサッカー文化が根付いた国とは言わない。日本以外の試合をほとんど放送しなかったことでそれはよくわかる。

 

果たして日本はサッカー強国になれるのか?と考えると最近は『そうなる必要はない』とも感じている。