野田総理誕生

民主党代表選では大方の予想に反して野田佳彦氏が次期代表に決まった。

今後国会での指名を受け、新首相が誕生する。

 

民主党代表選を見ていて思ったこと。

まず、政策の話はほとんど皆無だった。2009年衆院選マニフェストを撤回するか、守るかということはあったが。

あとは誰が誰のグループだとか小沢さんがどうだとか内向きの数合わせに終始、マスコミもこれに乗っかって連日国民不在の茶番が繰り広げられた。

民主党代表はイコール首相になることを意味する。そういう意味で芸能人の人気投票、あるいは小学校の学級委員を決めるがごとくの仲良しグループ囲い込みに貶めて何ら恥じないマスコミに対し強い怒りを覚える。

日本の代表とはかくも軽いものであることを全世界に発表しているようなものだ。

 

野田氏については民主党内では比較的まともな人だとの印象を持っている。

どのような内閣を作り、どのようにこのの苦難に立ち向かうのか、日本のリーダーとして頑張っていただきたい。

 

しかし、総裁選を見ている限り、他国の元首と比べて軽い。見劣りする。

時代劇に出てくる越後屋(悪商人)のような顔つきに見えてしまうのは私だけだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>