日伯友好議連ブラジル訪問

2008年の初訪問以来4年ぶりに議連にてブラジル訪問。

この視察を迎えるにあたって、旅行会社はじめ現地との調整は難航を極めた。

 

今回は成田〜北京〜イスタンブール〜サンパウロという36時間を超える長い道のりである。

2010年にJALがブラジル路線から撤退して以来、ブラジルまでの道のりがますます遠のいてしまった。

 

北京からはトルコ航空コンフォートクラスにてサンパウロへ。

席は広くて快適で食事もおいしくまあまあ快適に到着することができました。

 

上の写真はサンパウロ・グアルーリョス空港に出迎えにきていただいた埼玉県人会の尾崎、森田両副会長と空港での一枚。

長旅のあとで皆さんヘトヘトです。

 

この後はサンパウロ市内のレストランで夕食をとって、名物カイピリーニャ(ピンガとライムで割ったカクテル)であっさりと眠りました。

この後しばらく数日は時差ぼけに悩まされることになります。

 

ここサンパウロからブラジル訪問が始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>