福田新内閣発足

自民党総裁選の結果を受け、衆議院は福田康夫氏、参議院は小沢一郎氏と首班指名では異なる議決をしましたが、憲法の規定により福田新内閣が選出されました。

閣僚はほとんど安倍内閣から引き継がれ、町村官房長官、石破防衛大臣などが新たに就任、党3役+1役にはすべて派閥の長が就任、と小泉内閣以前の派閥均衡人事に落ち着きました。

総理自らが『背水の陣』と称するなど今の自民党の状況を考えればこのような状況も仕方がないかもしれません。

しかし本当の意味で、古い体質の自民党に戻ってしまえば国民からの指示を失い、政権を奪われることもあり得ると思います。

参議院の状況を考えれば野党の力が強くなり、いろいろ配慮しなければならないと思いますが、しかし新内閣には今までの路線を継承し、ブレずに進んでほしいと思います。

 

特に外交政策においては安倍前総理や麻生前幹事長とは明らかに違う路線を目指す内閣であり、少々の不安を感じておりますが、日本の国民の本当の利益を守るために頑張っていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>