尖閣問題と無法な中国

尖閣諸島海域における今回の中国漁船による違法・悪質な行為と中国政府の傲岸不遜な態度、そしてこれに対する日本政府の対応の稚拙さは、独立国家の体をなしておらず、民主党政権に国を預ける危険さを改めて露呈することとなりました。

 しかし私たちは、単に非難するだけではなく、ではどうするべきだったのか、今後どうするかを明確に示していくことが求められます。

 「尖閣諸島に領土問題は存在しない」とするのが日本の一貫した態度です。私は今回「なぜ領土問題は存在しないのか」を日本国民はもちろん、海外にもきちんと説明し、国内世論を統一させた上で中国の勝手な主張を正々堂々と退けるべきであると強く感じます。

 そして改めて指摘しますが今回の政府の対応は、民主党政権に外交・安全保障を任せてはならないということを明らかにしたと思います。
 『政治主導』などと言っておきながら菅総理はもちろん、仙石官房長官も責任を取らない無責任内閣は、この内閣はいらない、無意味だということを自ら証明したことになります。

そして那覇地検の次席検事にすべての責任を負わせる、検察に政治判断をさせることななど、政府として決してあってはならないことです。

 また、小沢一郎氏の派閥の人々が菅政権を批判しているようですが、昨年国辱的ともいうべき訪中を国会を休んで大挙して行い、嬉々として胡錦濤と写真を撮り、副主席来日の際天皇陛下のご日程まで捻じ曲げたような人たちに批判する資格などあるはずもありません。

100歩譲って昨年の訪中が意味があったというならば、その時の人脈を使って今回のような問題が起きないようにするのが外交でしょう。

子供の修学旅行感覚で海外に行き、甘い顔をして付け込まれるような外交をしている民主党には国民、国土、国益を守る気概も、覚悟も、頭脳もないことはようやく国民も気付き始めていると感じています。

中国との交流がなくなれば経済が…というメディアや評論家が花盛りですが、私は毅然とした態度で接し、中国製品や食料、原料など入らなくても構わず、国家として大事なものを守るべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>